ロゴ
HOME>体験談>まずは費用をチェック!【個人再生を行なう際に知っておきたいこと】

まずは費用をチェック!【個人再生を行なう際に知っておきたいこと】

女性

借金をして、返済に目途が立たずに苦しい思いをしているのであれば、個人再生を検討してみましょう。しかし、個人再生にも費用がかかるので、みんなの口コミを参考にすべきです。

Review List

弁護士に依頼して65万円ほどかかりました

弁護士事務所ごとに差の開きはあるかもしれませんが、自分の個人再生に掛かった費用は、65万円程度でした。弁護士費用の相場も事前に確認しておいたのですが、クレジット・サラ金などに手を出してしまい、首が回らなくなり、借金問題を得意とする弁護士に依頼しました。着手金は30万円以内で、成功報酬の支払いも含めた費用になっています。債務を圧縮して再生計画を認めてもらうため、持ち家となる財産処分が必要でした。ですが、自宅だけは競売に掛けたくはなく、自分の場合には住宅ローン特別条項を利用しました。おかげで、家は取られずに済みましたが、追加で弁護士費用として10万円ほど掛かりました。ですが、それだけの額となる借金を抱えていたので、負担を少なく再生計画通りにやり直せるのなら、高くはないかとも感じています。
【40代|男性】

弁護士と司法書士で費用が違うらしいです

個人再生は、ある程度の所得がある人向けの救済でしょうが、低所得者である自分も個人再生を弁護士に依頼しました。もちろん、債務を抱える自分の懐事情をよく理解してくれる弁護士で、弁護費も一括ではなく、分割で支払う話し合いができました。ですが、仕業違いで費用に差が出るようで、これから利用したい再生債務者は注意しておいたほうがいいかもしれません。例えば、司法書士に依頼する時は、費用は30万円程度となりますが、これは書類作成とアドバイスのみの費用です。個人再生を依頼したいなら、簡易裁判所の代理権がある司法書士ですが、本来の申し立て先は地方裁判所なので、やはり弁護士が代理となるしかありません。もちろん、書類作成も必要ですから、専門となる司法書士のほうが対応も早く、費用も抑えられます。自分もそのように段取りし、その後の裁判所への依頼には、専門弁護士を雇いました。
【40代|男性】